ご注意! 7月13日より、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大により、公開ミサは現在中止しております
再開になりましたら、改めてお知らせします。

⚫︎主日のミサ 土曜日 午後6時30分〜
日曜日 午前7時〜
午前11時〜
⚫︎英語のミサ
(English Mass)
月の最終日曜日
(Last Sunday of theMonth)
午後3時〜
PM3:00~
⚫︎平日のミサ 水曜日 午前7時〜
金曜日 午前7時〜
(第1のみ午前10時〜)

※復活祭、クリスマス等の大祭日のミサの時間は、通常ミサの時間と異なる場合があります。必ず、教会事務所に確認して、お越し下さい。

■ミサ(聖体祭儀)について

ミサ(聖体祭儀)は、主イエス様の死と復活を記念するために、司祭を座長として1つに集まった神の民の集会です。ミサにおいて、イエス様のご受難・ご死去とご復活という新しい過越を世の終わりまで続け、神の救いが時間と空間を越えて、ふたたび私たちの目の前で再現されているのです。
キリストのからだとして集まっている集会の中で、パンとぶどう酒の形色のもとに主イエス様は現存し、参加している人を通して、すべての人々に救いをもたらしたいと望んでおられるのです。自分や身近な人々のためだけではなく、恵みを必要としている私たちの知らない人々のことをも心に留めながら、主日のミサに与ります。

■集会祭儀について

集会祭儀は、とくに主日のミサの時間に司祭が不在の時、その教会共同体のために行われます。集会祭儀は、ミサの代わりになるものではありませんが、その小教区共同体の信徒の皆さん方と共に集い、キリストのからだとしてみことばを味わい、聖体を分かち合って1つのからだであることを噛みしめ、新たな1週間を踏み出すように促されています。
奈良北部ブロック担当司祭団は、「集会司式者養成コース」を修了した人の中から、小教区評議会や典礼部会と相談した上で、「集会司式者」を任命しています。その集会司式者が集会祭儀を執り行っています。